アンディ・ホープ1930

Where did it come from!

2018年3月22日 – 5月20日


ラットホールギャラリーでは、2018年3月22日より5月20日まで、アンディ・ホープ1930の個展を開催いたします。新作のペインティングと立体作品が発表される本展は、日本ではじめて彼の作品を目にすることができる機会となります。


Copyright Andy Hope 1930 courtesy of the artist, Hauser & Wirth, and Rat Hole Gallery

アンディ・ホープ1930(1963年ドイツ生まれ、ベルリン在住)はキャリア初期から自らの作品に、本名であるアンドレアス・ホーファーではなく、「アンディ・ホープ1930」と署名をし続け、2010年には改名も行っています。「1930年」は彼にとって、歴史のターニングポイントとなる重要な断絶点を意味しています。それは、ロシア構成主義そしてモダニズムが終焉を迎えると同時に、スーパーヒーローがコミックに登場し始める時代です。「アンディ・ホープ1930」は、彼が様々な時空をタイムトラベルするためのフィクショナルなペルソナとしての機能を果たしています。

ペインティングやドローイング、立体、映像といった複数のメディアを交えて制作され、さらには革新的なインスタレーションをともなって発表されるホープの作品には、ハイカルチャーからローカルチャーまで、そして自我にまつわることから社会にまつわることまで、あらゆるものが混淆され、既存のカテゴリーには収まらないユニークな図像が現れています。彼がもたらすフィクショナルな世界は、彼自身の空想やユートピア的思考、歴史や新しい形態表現が縫い合わせてつくられており、「無限迷路(a mazy infinity)」と彼が呼ぶような異世界が生み出されています。

当ギャラリーで発表されるホープの新作は、2017年にヴェネチアビエンナーレで発表された《Vertical Horizon》やロメックスギャラリー(ニューヨーク)で発表された《#believe》から始まった、彼独自の未来表象をさらに展開したものになります。ゴミ箱を通して宇宙を覗き込むようなペインティング作品《#believe II》に見られるように、一連の新作には、世俗的な面と形而上学的な面、そして技術の精巧さと表面上の拙さが同居しています。《We need the old magic》では、黒く歪みのある四角形の中に「電気羊」がどこか素朴で拙く描かれており、「絵画の零度」という概念に挑戦しようとしているかのようです。「電気羊」はまた、フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を想起させます。 《Subprime VI》や《Subprime VII》は、債権やローン、デリバティブを組み合わせた証券化商品、いわゆる債務担保証券(CDO)になぞらえた彼の「CDOシリーズ」に連なるものです。「CDOシリーズ」は、金融市場のチャートやダイアグラムといったフォーマットを、抽象絵画のボキャブラリーや格付用語(「サブプライム」など)と交差させ、将来を担保するための行為である「投機」に焦点を当てています。

有機的な形態に加えて、回路基板などの電子的ダイアグラムを引用したペインティング作品《Sanctuary》が霊的かつ宗教的な含意とあからさまに戯れているのに対して、《Arrival》では、現在の通信メディアで頻用されている記号を、崇高なものの到来へと変形し、SF作品によく見られるような、荘厳な始まりの瞬間(あるいは異星人の到来の瞬間)が作り上げられています。 こうした超人的なものへの関心はまた、2点の立体作品にも顕著に現れています。義肢をもつ人間の身体を、彫刻家ブランクーシの前衛的な立体作品と結びつけた「地球圏外の人工物」のような作品は、文字通り「未来の芸術作品」として考えられています。ホープはこれらの着想を、1950年から続くアメリカのSFコミック『ストレンジ・アドベンチャーズ』から得ています。それは、タイムトラベルや異星人襲来といった1950年代のSFコミックにはお馴染みのテーマを織り交ぜながら、SFアーティストの成功や失敗の物語を描いたものです。物語の主人公は、不思議な閃光とともに謎の立体物が突然出現するのを目撃する、冴えないSFアーティストです。その立体物を作品として発表し、美術界で注目を浴びるものの、その謎の立体物が実は、未来のスーパー兵器が誤って過去に不時着したものだったと明らかになるのに時間はかかりません。未来の世界では異星人の侵攻に直面しているため、SFアーティストは自らの作品を手放さず偽りのキャリアにしがみつくのか、あるいは地球を救うために作品を手放すのか、困難な決断を迫られます。

アール・ヌーヴォーや構成主義、SFコミック、そして宇宙現象や通信技術、金融市場に至るまで、様々なものからモチーフを引き出し彼が作り上げる「謎の立体物」は、現代社会に生きる私たちが抱える妄想や欠損といったものを浮かび上がらせているのかもしれません。しかし、SFコミックの中でSFアーティストが発する「どこからやってきたんだ!(Where did it come from!)」という戸惑いに満ちた言葉はまた、私たちのものでもあり、アンディ・ホープ1930の作品の真意は謎に満ちたままです。



Both images:
Installation view, ‘Viva Arte Viva’, 57th International Art Exhibition, La Biennale di Venezia 2017, Venice, Italy
courtesy of the artist, Hauser & Wirth, and Rat Hole Gallery

 

© 2008- RAT HOLE GALLERY